ご応募される前に!なぜ風俗業界は給料が高いのか?

風俗業界は、他の業界に比べて給料が高いという特徴を持っています。

 

業界の最前線で働く女の子がたくさんの給料を取るのは当たり前のことですが、彼女たちを支え、お店の経営を成り立たせるために働く男性スタッフの給料も、他の業種で働く男性達が手にしている給料と比べるとはるかに高い金額になっているのです。

 

ここでは、そんな風俗業界の給料について説明します。

 

■受付スタッフの初任給は25万~35万円■

店舗の受付スタッフとして働く男性の初任給は、大体25万~35万円とされています。

18歳以上(高校生不可)で始められる仕事の平均的な初任給が16万円と考えると、店舗スタッフの初任給はまさに破格というべきものであることは一目瞭然でしょう。

また、ほとんど授業に出ず1日中アルバイトにいそしんでいる大学生でもこれほどのお金は稼げないでしょうし、超一流企業でもない限り、一般企業に勤める社会人1年目でもこれほどもらえないでしょう。

また、立場が店長となるとまた数字が上がり、40万~50万円というのが初任給の相場になっているようです。

もちろんあくまでもこれらは初任給の平均相場であって、キャリアを積み上げていくことで数字はどんどん高まっていきます。20代にして月に50万円以上稼ぐということも夢ではありませんし、店長クラスになると、月収100万円を超えることも不可能ではないのです。

 

■なぜこれほどもらえるのか?■

「何でそんなにもらえるの?」と、素朴な疑問を抱く方もいるかと思います。

その理由は、お店のもうけが大きいからです。

風俗店を利用したことがある方であればお分かりだと思いますが、風俗店で男性が支払う金額、つまりお店の利益となる額は高いものです。

正確には女の子とお店が半々、あるいは「6:4」くらいの割合で分けるというのが一般的ですが、それでも1日のうちに計上される金額は多いです。

もうけが大きいので、その分、働く人が多くのお金を得ることができるのは当然のことなのです。

また、お店によっては「基本給+歩合」という形でスタッフの給料を算出しています。

毎月お店が達成すべき目標を設定し、そこに達することができれば歩合給や手当が基本給にプラスされるというパターンです。

特に頑張ったスタッフに対する賞与を、給料とは別に毎月出してくれるお店などもあります。

つまり、頑張れば頑張った分だけもうけるといった図式ができているのです。

 

■日払いも可能■

毎日利益が上がる風俗業界では、月末にまとめて給料を支払うという月給制だけでなく、日々給料をもらえる日給制を導入しているところもあります。

たとえば、何かの事情で急にお金が必要になったとき日給制であれば日々お金が着々と入ってくるので、月末を待ち焦がれてイライラしたり、友だちに借りに行ったり、金融機関に頼ったりすることもありません。

風俗業界は給料が良いだけでなく、このような利点もあるのです。

仕事は必ずしも楽なものではありません。しかし、頑張れば頑張るだけ稼げる額は上がっていくので、お金の面で不自由したくないという方は満足のいく生活を送ることができるでしょう。ぜひ夢を持って業界に飛び込み、しっかり活躍し、その対価をつかみとりましょう。

-野郎ワークより引用-

男子求人 採用者全員に入店祝い金3万円支給